治療の解説2

目の周りに鍼を行う場合は、内出血のリスクについて配慮することが大切です。特に、下瞼は内出血が起こりやすい部位です。また、内出血が起こると非常に目立つ部位でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

取材記事3

次の記事

治療の解説3